北部市場跡に一体型多核モール

住友商事が食品流通センターと予約契約

今年3月末に閉場した松戸市公設地方卸売市場「北部市場」の跡地利用活用について、住友商事㈱はこのほど、土地所有者である千葉県食品流通センター㈱と事業用定期借地契約の予約契約を締結したことを発表した。

続きを読む...

不当請求など相談2713件

消費生活センター 70歳以上が最多

松戸市では、消費者保護と消費生活に関する情報の提供・知識の普及の拠点として、「松戸市消費生活センター」を設置し、消費生活相談の受付・処理等に対応している。同センターには昨年度、市民より2713件の相談があった。デジタルコンテンツ・アダルト情報サイトの不当請求などの運輸・通信サービスに関するものや、携帯電話・スマートフォンへのショートメール等による架空請求への相談が多く寄せられたという。

続きを読む...

少年少女発明クラブで開講式

松戸市少年少女発明クラブの35回目の開講式が14日、新松戸未来館で行われた。

続きを読む...

松戸周辺の城跡を訪ねて(8)

水運を利用した大津川流域の城

前回(昨年10月23日発行。第806号)は大津川流域にある殿山城、大井追花城、戸張城、戸張用替城、そして、大津川が流れ込む手賀沼畔にある箕輪城、箕輪如意寺城を訪ねた。今回は、大津川のさらに上流にある高柳城、高柳谷中台城の2城と、金山落流域にある藤ヶ谷中上城、藤ヶ谷城、金山寺山城を訪ねた。金山落は、下手賀沼から流れ出る用水路。この3城のある地域では、金山落が柏市と白井市の市境を流れている。大津川、金山落のある低地に面した舌状台地上に城域があるという点が、いずれの城にも共通した特徴だ。

続きを読む...

松戸の地名の由来(1)

地名はその土地の歴史と深く関係している。地名の由来を知ることは、地域の歴史を知ることでもある。あなたの街の地名にはどんな由来があるだろうか。

続きを読む...

朗読劇「鉄道員」市民会館で上演

松戸市民劇団公演・朗読「鉄道員(ぽっぽや)」が、6月4日午後1時30分から松戸市民会館301号室で上演される。

続きを読む...

今月のラジオポワロ

県議会議員のお仕事て?

私だけでしょうか。国会議員は街のいたるところにポスターが掲示されていて、テレビの国会中継ではよくそのお顔をお見かけするので、どこか親近感を感じます。また、市議会議員は我々市民に寄り添い、地域の問題解決に努めてくれたりと、リアルに身近な議員さんです。しかし、県議会議員とは日頃あまり接点がなく、どんな仕事をされていて私たちの日常にどう関わっているのかが疑問でした。

続きを読む...

読売防犯川柳コンテスト

防犯をテーマに作品を募集中!

全国読売防犯協力会、読売新聞社では、「第13回読売防犯川柳コンテスト」の作品を募集している。

続きを読む...

土屋文化振興財団 6月1日より応募受付

千葉県の文化振興を目的に、文化活動を行っている個人及び団体の活動を支援する公益財団法人土屋文化振興財団(圡屋亮平理事長)では、今年度の助成金事業の応募受付を6月1日より開始する。

続きを読む...